ノーベル賞

記事件数:2

ノーベル賞

2010年、鈴木章 名誉教授(当時)が、パラジウム触媒と塩基を用いた、有機物同士を結合させるための化学反応「鈴木クロスカップリング」(1979年)の研究で、ノーベル化学賞を受賞しています。

アーカイブ