インタビュー

ホーム > インタビュー

北大人群像

第一回藤村 忠寿さん(1990年 法学部卒業)
1965年、愛知県生まれ。1990年北海道テレビ放送株式会社(HTB)入社。北海道発のローカル番組ながら全国的大ヒットとなった「水曜どうでしょう」のディレクターとして鬼才ぶりを発揮する。数々のドラマも手掛け、2019年に監督を務めたHTB開局50周年ドラマ「チャンネルはそのまま!」では、日本民間放送連盟賞のテレビ部門でグランプリを受賞。50歳を前に役者、YouTubeの活動を始めるなど、幅広い世界に挑み続ける。
more
第二回斉田 季実治さん(2000年 水産学部卒業)
1975年、東京都生まれ。北海道文化放送株式会社(UHB)、日本気象協会九州支社を経て、2006年よりNHK熊本放送局の気象キャスターを務める。2010年に上京。首都圏ニュースや平日の気象情報などを担当し、2016年から「ニュースウオッチ9」に出演中。2018年、株式会社ヒンメル・コンサルティングを設立。著書や講演活動も好評を博すなど多方面で活躍している。
more
第三回蒲田 健さん(1991年 文学部卒業)
1966年、東京都生まれ。株式会社三越を経て、1999年からパーソナリティ、ナレーター等の活動をスタート。ラジオ番組のパーソナリティをはじめ、テレビ、ラジオ番組、CMのナレーション、ジェフユナイテッド市原・千葉、FUJI XEROX SUPER CUP、ラグビーワールドカップ日本大会等のスタジアムDJなど多方面において活躍している。
more
第四回栗原 道平さん(1979年 経済学部卒)
1956年、新潟県生まれ。北海道大学経済学部を卒業後、三井物産株式会社に入社。パキスタン・カラチなど海外勤務も含め約14年勤務した後、故郷・新潟市へUターン。新潟市の象徴である信濃川に水上交通を復活し、新潟を名実共に「水の都」と呼べる街にするため、信濃川ウォーターシャトル株式会社を設立し、水上バス事業を展開している。
more
第五回毛利 衛さん(1970年 理学部卒業、1972年 理学研究科修士修了)
1948年、北海道余市町生まれ。北海道大学大学院理学研究科を修了後、南オーストラリア州立フリンダース大学大学院で理学博士を取得。1985年、日本人初の宇宙飛行士に選出され、1992年、科学者宇宙飛行士としてスペースシャトル「エンデバー号」にて無重力実験遂行。2000年、NASA宇宙飛行士として地球観測遂行。同年より日本科学未来館館長に就任し、科学技術の未来や可能性を広く社会に伝えるとともに人材育成にも力を注いでいる。
more
第六回小野 裕之さん(1987年 工学部卒業、1990年 工学研究科修士修了)
1964年、北海道稚内市生まれ。1990年、株式会社リクルートに入社。新規事業担当マネージャーとして、全社最速でインターネットサービスの事業化に着手。その後、国内ITベンダーにて数多くの新規事業設立に携わる。2009年、サンブリッジグループの経営に参画。2012年1月、株式会社サンブリッジ執行役員社長、同年4月、代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)就任。2020年7月から代表取締役会長兼CEO。独自のアプローチかつ企業に寄り添う目線でのサービス展開は常に高い評価を得ている。
more
第七回辻󠄀 秀一さん(1986年 医学部卒業)
1961年、東京都生まれ。慶應義塾大学内科とスポーツ医学研究センターを経て、1999年、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)向上のための活動実践の場として株式会社エミネクロスを設立。独自理論「辻󠄀メソッド」によるメンタルトレーニングは、スポーツ選手をはじめ各方面で多くの支持を得る。スポーツの枠を超え、ビジネスや音楽の世界など幅広く活動。産業医、スポーツコンセプター、コンサルタントとして活躍。
more
第八回吉田 全作さん(1979年 農学部卒業)
1955年、岡山県生まれ。5年間のサラリーマン生活を経て、1984年岡山県吉備高原で酪農家として開業。その後、1988年から日本のフェルミエ(農家製)チーズの草分けとしてチーズ作りを始める。ブラウンスイス種の牛を放牧で飼い、搾った乳で作るチーズは、著名なシェフをはじめ、全国に熱烈なファンを持つ。世界のさまざまなチーズ作りとその文化的背景に関心を寄せ、さらなる探究を続けている。
more